最上級のエンジニアタイプ

DETAIL

DETAIL

DETAIL

DETAIL

DETAIL

DETAIL

着用年数3年

着用年数3年

着用年数3年

着用年数3年

着用年数3年

WOMENS ブーツ エンジニアブーツ

KA-G.I.J-LADIES

  • 価格¥ 81,400(本体:¥ 74,000
  • 必須 

  • 必須 

  • 購入数

close

在庫状況

カラー サイズ 価格 在庫状況
ブラック 22.5cm ¥ 81,400
(税込)
×
23.0cm ¥ 81,400
(税込)
×
23.5cm ¥ 81,400
(税込)
24.0cm ¥ 81,400
(税込)
  • ツイッターシェアボタン
  • フェイスブックシェアボタン
  • ラインシェアボタン

ご利用案内はこちら返品についての詳細はこちら

※この商品について

  • デザイン
  • スペック
  • サイズ

グレードアップしたカドヤが誇る最上級のエンジニアタイプ。



素材の原皮は繊細で上質な事で知られるヨーロッパ産をイタリアの「VESTA 社」で加工。
極厚の革にたっぷりとオイルを染み込ませ、更に表面には薄くコーティングを施し、防水性や外部からの傷を守り耐久性を確保します。



ブーツ本体と足を支えるミッドソール、更にヒールの積上げにはベルギー産の最高級ベンズを使用し強度と耐久性をアップ。
アウトソールには「Vibram 社」の無骨なブロックパターン# 1100 番を使用。



ブーツ全体を印象付けるベルトのバックルには真鍮を用い最高の雰囲気を醸し出してくれます。無骨でタフなスタイル。
一生物として愛用して頂く為、全てに拘り抜いた一足です。



木型は日本人の足に合わせ、履いた時のフィット感は他の物とは格段に違います。



■ブランド

K'S LEATHER(ケーズレザー)
シンプル&ベーシックな質の高いスタンダードから、最高峰のスペック&フィロソフィーに基づく前衛的なアイテムをラインナップ。安全性、機能性へのこだわりは勿論の事、タウンユースにも馴染むライダースウェアブランド。


■デザイン

グレードアップしたカドヤが誇る最上級のエンジニアタイプ。

素材の原皮は繊細で上質な事で知られるヨーロッパ産をイタリアの「VESTA 社」で加工。
極厚の革にたっぷりとオイルを染み込ませ、更に表面には薄くコーティングを施し、防水性や外部からの傷を守り耐久性を確保します。

ブーツ本体と足を支えるミッドソール、更にヒールの積上げにはベルギー産の最高級ベンズを使用し強度と耐久性をアップ。
アウトソールには「Vibram 社」の無骨なブロックパターン# 1100 番を使用。
木型は日本人の足に合わせ、履いた時のフィット感は他の物とは格段に違います。

そしてブーツ全体を印象付けるベルトのバックルには真鍮を用い最高の雰囲気を醸し出してくれます。無骨でタフなスタイル。
一生物として愛用して頂く為、全てに拘り抜いた一足です。


■商品特徴

Boots&Boots

NORWEGIAN PROCESS
「底部を縦と横に縫い合わせる」 縫製糸の一方は、裏革材と心臓部の革中底のリブ部を横に逆さすくい縫いします。
もう一方は、その縫われた本体と合亀(ミッドソール)を縦に、出し縫いをします。

前者で中底の落ちや足の左右の揺れを防ぎ、後者で合亀まで縫ってあり、靴全体の一体化を作り上げます。
非常に手間のかかるものですが、そのため本底自体のすり減り等の貼替えは何度でも可能となります。
この様にノルウェイジャンプロセスは中底と甲革材を直接縫い付けて行う製法のため、甲革材も革本来の腰のある繊維層がしっかりした革でなければなりません。
またこのような工程を行うには、素材を吟味し妥協することは許されません。
靴製法として素材自体を横と縦に縫い合わせるノルウェイジャンプロセスは非常に頑強に出来上がっているのです。

特殊撥水加工底糸使用
真鍮バックル
ミッドソール、ヒールにはベルギー産最高級ベンズを使用


■素材

[ソール]イタリア製ビブラムタンクソール#1100番
[アッパー] VESTA 社製Husky Oil レザー3.0mm 厚(ヨーロッパ産原皮)(22.5 〜24.0cm は2.4mm 厚を使用)


■カラー

ブラック


■価格

¥74,000(税別)


■商品番号

No.4007

■サイズ詳細

SIZE 22.5 23 23.5 24.0


※単位はcm(センチメートル)
※表記サイズは仕上寸法になり、製品によっては多少の誤差はございます。

■測り方



※メンズも展開しております。
>>>メンズサイズはこちら
  • デザイン
  • スペック
  • サイズ

CONTENTS

KADOYA MAGAZINE

    PHOTO LOG