(リフレザーが教えるメンテナンス術)

メンテナンス用の馬毛などのブラシを使って、大まかにホコリを払うところから始めよう。

レザーミルクを生地目の細かい布などに適当な分量を垂らして

(ポイント!)塗る前に満遍なく伸ばす。※ 必ずつける前には布に浸透させて!レザーミルクを直付けするとシミになる可能性が!

まずはポケットの内側などの目立たない場所にレザーミルクを塗ってみる。変色などの異変がないか確認してから身ごろなどに塗っていくと安心。

1~2時間後干した後、仕上げにブラッシングで面を整えてあげる。

表面に残っている余分なレザーミルクを吹きとる。

不織布をかけて直射日光の当たらない風通しがよい場所で保管。湿気がこもりやすいビニール袋はNG。

UNISEX メンテナンスグッズ

Ref / LEATHER MILK

  • 価格¥ 2,420(税抜:¥ 2,200
  • 必須 

  • 必須 

  • 購入数

close

在庫状況

カラー サイズ 価格 在庫状況
ONE COLOR ONE SIZE ¥ 2,420
(税込)
  • ツイッターシェアボタン
  • フェイスブックシェアボタン
  • ラインシェアボタン

ご利用案内はこちら返品についての詳細はこちら

※この商品について

  • デザイン
  • スペック
  • サイズ

(リフレザーが教えるメンテナンス術)
- STEP 1 -


馬毛のブラシで革表面の汚れやほこりを払います。その際、縫い目も忘れずにブラッシングして下さい。汚れがひどい場合は、かたく絞った濡れタオルで革の表面を拭きあげてください。



- STEP 2 -


クロス(布)越しに指が少し湿る程度Ref / LEATHER CLEANERをとります。クリーナーが乾いた際は、再度適量を布に染み込ませてください。



- STEP 3 -


メ数回に分けて革全体を拭き取ります。この作業をすることで、お肌で言うすっぴん状態に近づけられます。クロスに汚れや色が移りますが、移染した古いオイルや汚れが落ちている証拠です。



- STEP 4 -


艶なし仕上げ・ナチュラル仕上げ・つや有り仕上げとオイル特性によって仕上がりが分かれますので、お好みでオイルを選んでください。



- STEP 5 -


選んだオイルをクロスの綺麗な面に塗布します。オイルの量は少量ずつとってください。



- STEP 6 -


革全体になじませるように薄く伸ばしながらオイルを塗布していきます。オイルが足りない場合は少しずつ足してください。



- STEP 7 -


馬毛のブラシで革全体をブラッシングし、オイルの栄養分を馴染ませます。面積が大きいものは、大きいブラシを使用すると効率的です。その際、ホコリ落としとは別のブラシを使用することをオススメします。



- STEP 8 -


ここからは、より仕上げに拘りたい方にお勧めしたい「一手間」です。ムートングローブのムートン面で全体を拭きあげます。乾拭きを行うことで表面に残った余分なオイルを除きベタつきを防ぎます。



- STEP 9 -


最後にムートングローブのスエード側にて全体を拭きあげます。スエード面で革を磨くことにより上質な艶感が出ます。仕上げのムートングローブも使い込む事でオイルが馴染んで味わいが増し、エイジングを楽しめます。



- STEP 10 -


不織布をかけて直射日光の当たらない風通しがよい場所で保管してください。湿気がこもりやすいビニール袋はお控えください。

■ブランド

Ref(リフ)
革専門クリーニング Ref Leatherからメンテナンスアイテムシリーズが登場。リフレザーの職人が多種多様なメンテナンス用品を検証し、革ジャンに最適なメンテナンスアイテムをセレクト。


■説明

皮革に「栄養」を与え、光沢感を出す、ローションタイプのケアアイテムです。カルナバワックス、蜜蝋、ラノリン、ホホバオイル、シアバターなど、天然成分をふんだんに配合。浸透性、保湿性にすぐれ、光沢感のある仕上がりが特徴で少量でも伸びがいいので効果が得られ、ベタつきなく快適に使用いただけます。


■商品特徴

容量:100ml
革製品全般にご使用いただけます。
必ず、ご使用の前には目で立たない場所でテストしてください。


■容器素材

ガラス瓶

■価格

¥2,200(税別)


■商品番号

No.8168-0


■生産国

MADE IN JAPAN


■プロにお願いしたい方

革専門クリーニング『リフレザー』にご相談ください。

■サイズ詳細

SIZE ONE SIZE
容量 100ml

※単位はml(ミリリットル)

  • デザイン
  • スペック
  • サイズ

CONTENTS

KADOYA MAGAZINE

    PHOTO LOG

      NEWS