コンテンツへスキップ

(素材)ウールとは?

ウールとは?

ウールは、動物の毛から取られた100%天然繊維で、人によって作り出される合成繊維ではありません。天然の繊維だからこその特徴がある素材です。

特徴、弾力性と反発性がある生地で、シワになりにくい特徴があります。

また、非常に優れた吸湿性があり、更にそれを放湿する力を持っています。コットンの約2倍程度の吸湿性と放湿性がありますので着用している肌が蒸れることのない絶妙な呼吸を生地自体が行ってくれます。

そして、汚れが付着しにくい特徴があります。繊維の周りにエピキューティクルという薄い膜で纏われ、その成分が水を弾く性能を兼ね備えています。

繊維自体の水分保有率が高いので静電気も起こしにくく、チリやホコリを寄せ付けにくく、汚れが付着しにくい理由です。

さらに、ウールは汗をかいたところも、ウールの抗菌性能が働き、臭いが発生しにくい特徴があります。ウールの羊毛は、外部からのウィルスや菌を免疫性能により制御する力を持っており、悪臭や菌が発生する臭いを分解し、消臭してくれます。