新着情報詳細 | KADOYA ONLINE

2019.10.15

「特集」KADOYA MAGAZINE-Vol.04/スタイルと機能を両立する大人のギア選び。

見た目も性能も譲れない欲張りな大人が目指す姿

ハーレーのカスタムが多様化するように、ライダーのファッションもここ10 年で大きく変化した。スケーターのようなスタイルでハーレーに乗る西海岸のハーレー乗りの影響もあってか、日本でもラフなファッションでハーレーに乗る人が増えてきている。

 

しかし、そこにはギアとしての性能を犠牲にしたスタイルも少なくない。大人のハーレー乗りなら、安心し走りを楽しめるアイテムを選びたい。そこで注目したいのが、新作ケイズレザーのプロダクツだ。

ここで紹介するふたつのアウターは、どちらも見た目はタウンユースを意識したカジュアルなスタイルだが、長年バイク乗りのギアを作り続ける我々だからこそ意識したポイントが詰まっている。

 

素材選びやディテールの工夫によって、安全性や快適な着心地を両立する。見るからに重厚なギアで固めるよりも、ちょっと力の抜けたスタイリッシュなコーディネートが今の気分。

見た目も性能も譲れない欲張りな大人のハーレー乗りに、ぜひ試してほしいスタイルだ。

 

PROTEX PARKA

¥21,000(税別))

防風・透湿・防水性能のあるフィルムを 挟んだ 3 レイヤーボンディングストレッチ生地を使用しているため、ジャージの ような質感だが雨にも風にも強いハイスペックなジップパーカ。

カジュアルな見た目でありながら、ギア性能を持ち合わせた頼れるアイテムだ。春秋のアウターとしても、冬場のミドルレイヤ ーとしても活躍してくれる

FITTING

<POINT.01>

身長173cm65kgでLサイズを着用。インナーは、スウェット一枚

 

<POINT.02>

後ろ姿は、フードの存在感が引き立ちスマートに見えるのが特徴だ。

DETAIL

<POINT.01>

シンプルな見た目だが防風透湿性に優れた3レイヤー素材がこのパーカーの最大の特徴。ストレッチ素材なので動きやすさも◎

 

<POINT.02>

胸にはレザーパッチを装備。カ ジュアルなスタイルに映えるこだわりのディテールだ。

 

<POINT.03>

フロントがダブルジップなので、 ポジションに合わせてストレスのない着心地に調整可能。

PROTEX PARAKAはこちらから

 

VERMILLION

¥58,000(税別)※3Lは+¥3,000(税別)

しなやかなゴートスキンを使用したハーフ丈のレザーコート。ライニングを取り外しできるため、長いシーズン着用する ことができる。モッズコートをイメージしたカジュアルなスタイルで、フードを外せばスタンドカラーになるので着こなしの変化も楽しめる。

FITTING

<POINT.01>

身長173cm65kgでLサイズを着用。インナーは、スウェット一枚。レザージャケット全般に言えることだが、少しタイト目に着るのが男前のサイズ感の選び方だ。

 

<POINT.02>

後ろ姿から見えるタックロールが特徴的だ。他者との差別化や個性を出したいライダーにオススメしたい一着である。

DETAIL


<POINT.01>

腹部のポケットのフラップはスナップボタンで留める仕様。さらに、フラップがポケットに収まるので内にしまえばよりスタイリッシュなイメージに。

 

<POINT.02>

フードの後ろ側にはストラップとボタンが配されているので、コンパクトにまとめて走行中のバタつきを抑えることができる。

 

<POINT.03>

フードはジッパーで簡単に着脱が可能。外せばスタンドカラーになるので、 合わせるアイテムに応じてスタイルを変えられるのも魅力だ。

 

<POINT.04>

ヒジはタックロール状にパッドを切替えたレーシーなスタイル。柔らかいパッドを内蔵し動きを制限することなく安全性をアップ。

VERMILLIONはこちらから