K'S LEATHER&K'S PRODUCT

RIDE CHELSEA / ブラック

商品番号: 4321-0-200-049

¥40,700 (JPY)
カラー: ブラック
サイズ:
数量:

「サイドゴア」と呼ばれる両くるぶし部にゴムを装備したブーツは、1800年代にアルバート公(英国ビクトリア女王夫君)が履いたことから「アルバートブーツ」と呼ばれ、更に1960年代にビートルズが履いて、ロンドンのチェルシー地区からロック世代の若者に大人気となり「チェルシーブーツ」とも呼ばれ幅広く知られるようになりました。
カドヤ公式オンライン

これをライダー仕様にイノベーションしたのが「ライドチェルシー」です。“Wild Elegance”「ワイルドエレガンス」がデザインコンセプト。サイドゴア(ゴム)部は、革を短冊状に縫い重ね着脱の容易さを損なわず強度を高めています。また足首を一周するヌメ革の「アラウンドベルト」はサイドゴア下部を外からガードしながら、靴のホールド感をぐっと高めました。同時にそれは「くつわ」や「拍車」の機能的でワイルドな造形と、足に翼のイメージをインスパイアさせています。
カドヤ公式オンライン

極限までシンプルに鍛えられたデザインが生み出す、洗練された力強さが最大の特徴。バイクは勿論、ファッションシーンでも本気のコーディネートが出来るブーツです。ロガーのUS系デザインに対して、UKイメージのカントリートラディショナルです。
カドヤ公式オンライン

■デザイン
「サイドゴア」と呼ばれる両くるぶし部にゴムを装備したブーツは、1800年代にアルバート公(英国ビクトリア女王夫君)が履いたことから「アルバートブーツ」と呼ばれ、更に1960年代にビートルズが履いて、ロンドンのチェルシー地区からロック世代の若者に大人気となり「チェルシーブーツ」とも呼ばれ幅広く知られるようになりました。これをライダー仕様にイノベーションしたのが「ライドチェルシー」です。“WildElegance”「ワイルドエレガンス」がデザインコンセプト。サイドゴア(ゴム)部は、革を短冊状に縫い重ね着脱の容易さを損なわず強度を高めています。また足首を一周するヌメ革の「アラウンドベルト」はサイドゴア下部を外からガードしながら、靴のホールド感をぐっと高めました。同時にそれは「くつわ」や「拍車」の機能的でワイルドな造形と、足に翼のイメージをインスパイアさせています。極限までシンプルに鍛えられたデザインが生み出す、洗練された力強さが最大の特徴。バイクは勿論、ファッションシーンでも本気のコーディネートが出来るブーツです。ロガーのUS系デザインに対して、UKイメージのカントリートラディショナルです。

■商品特徴
・製法/マッケイ縫い

■素材
表:ソール:Vibram#705
裏:(甲革)プルアップカウ×牛ヌメ革
裏:ライニング:豚革

■ワイズ
EE

サイズ 24.5 25 25.5 26 26.5 27 27.5 28

※単位はcm(センチメートル)
※表記サイズは仕上寸法になり、製品によっては多少の誤差はございます。


実寸サイズと同じもしくは、+0.5cm大きいサイズをお選びください。

甲高や足の形によりサイズが変動する可能性があります。

日頃より身に着けるパートナーとして活躍する革製品は、使うほど味が出て愛着がわいてくるものです。しかしバイクでのライディングで使用する場合は汚れが付きやすい環境にあります。

 

ダメージを予防し、コンディションを整えるためには、私たちの肌と同じく普段からのお手入れが大切になります。こちらでは革製品を長く愛用していただく為のセルフメンテナンス方法をご紹介致します。

 (クリーナーやオイルなどのメンテナンス剤を使用する際には必ず目立たない箇所でテストを行い、 染みや変色等が生じないことを確認してからご使用下さい。)

ステップ 1

馬毛のブラシで革表面の汚れやほこりを払います。その際、縫い目も忘れずにブラッシングして下さい。汚れがひどい場合は、かたく絞った濡れタオルで革の表面を拭きあげてください。

ステップ 2

クロス(布)越しに指が少し湿る程度Ref / LEATHER CLEANERをとります。クリーナーが乾いた際は、再度適量を布に染み込ませてください。

ステップ 3

数回に分けて革全体を拭き取ります。この作業をすることで、お肌で言うすっぴん状態に近づけられます。クロスに汚れや色が移りますが、移染した古いオイルや汚れが落ちている証拠です。

ステップ 4

艶なし仕上げ・ナチュラル仕上げ・つや有り仕上げとオイル特性によって仕上がりが分かれますので、お好みでオイルを選んでください。

ステップ 5

選んだオイルをクロスの綺麗な面に塗布します。オイルの量は少量ずつとってください。

ステップ 6

革全体になじませるように薄く伸ばしながらオイルを塗布していきます。オイルが足りない場合は少しずつ足してください。

ステップ 7

馬毛のブラシで革全体をブラッシングし、オイルの栄養分を馴染ませます。面積が大きいものは、大きいブラシを使用すると効率的です。その際、ホコリ落としとは別のブラシを使用することをオススメします。

ステップ 8

ここからは、より仕上げに拘りたい方にお勧めしたい「一手間」です。ムートングローブのムートン面で全体を拭きあげます。乾拭きを行うことで表面に残った余分なオイルを除きベタつきを防ぎます。

ステップ 9

最後にムートングローブのスエード側にて全体を拭きあげます。スエード面で革を磨くことにより上質な艶感が出ます。仕上げのムートングローブも使い込む事でオイルが馴染んで味わいが増し、エイジングを楽しめます。

革専門クリーニングサービス「リフレザー」を提供しています。

リフレザーとは?

革製品は洗って着るのが新常識。

日本で従来から行われている革製品のクリーニングは塩素系溶剤を用いたドライクリーニングが主流でした。

これは汚れを落とすと同時に、色落ちや革の脂分を取ってしまう事例もあり、失われた脂分を加脂剤を用いて補う事で不自然、または不快なベタツキが生じてしまうといった問題がありました。

リフレザーでは革専用特殊ソープを使用しており、ドライに加え水洗いも対応可能です。 ここで重要なのが汚れを落とすと共に、失っていた脂分を含め栄養素を補う事です。 これによりしなやかさと弾性が戻り本来革が持っていた優しさと強さを改めて感じ取れるはずです。

革ジャン・革つなぎを始め、パンツ、コート、スカート、ブーツなどあらゆる革製品(本革)が洗えます。従来のクリーニングで敬遠されていた配色モデルもクリーニングすることが可能です。

詳細はこちら

シンプル&ベーシックな質の高いスタンダードから、最高峰のスペック&フィロソフィーに基づく前衛的なアイテムをラインナップ。安全性、機能性へのこだわりは勿論の事、タウンユースにも馴染むライダースウェアブランド。

商品バリエーション

対応プロテクター

    

メンテナンスグッズ

    

SET ITEM

    
  
  
  

最近チェックした商品