UNISEX 小物・その他

MY FREEDAMN! 8

  • 価格¥ 9,350(本体:¥ 8,500
  • 必須 

  • 必須 

  • 購入数

close

在庫状況

カラー サイズ 価格 在庫状況
ONE COLOR ONE SIZE ¥ 9,350
(税込)
  • ツイッターシェアボタン
  • フェイスブックシェアボタン
  • ラインシェアボタン

ご利用案内はこちら返品についての詳細はこちら

※この商品について

  • デザイン
  • スペック
  • サイズ

1950年代をフューチャーした前2作『MyFreedamn! 6』、『My Freedamn! 7』の続編となる、“シックスティーズ”特集。

■著者について

田中凛太郎 Rin Tanaka
横浜出身。20歳で黒人音楽の評論家として雑誌の世界に入る。大学卒業後、4年間の広告代理店生活を経て、1998年にカリフォルニア州サンクレメンテへ在住。以降、今日までカメラを持って世界中を飛び回る日々を過ごしている。2003年に自費出版『My Freedamn (マイフリーダム)』をスタート。世界発売し、高価本としては異例の1万部を毎号販売。


■概要

1950年代をフューチャーした前2作『MyFreedamn! 6』、『My Freedamn! 7』の続編となる、“シックスティーズ”特集。

1960年代のアメリカはそれ以前の “古き良きアメリカ”を継続しつつも、さらなる技術革新、およびベビーブーマー世代の台頭によって社会が全く新しい方向に向かった“変革期”の時代。その大きな流れを生み出したのがビーチボーイズやビートルズによって巻き起こった“ポップカルチャー”であり、さらにカラー映像の普及も加わってよりヴィヴィッドな配色が社会全体のトレンドとなる。

『My Freedamn!』がテーマとしてきたカジュアルファッションの世界でも、この1960年代に“カラー化現象”が起こる。が、依然として1950年代のクラッシックなデザインを踏襲しながら、カラフルな配色が徐々に主流を占めはじめる。フィフティーズとはかなり違ったテイストを多くの若者たちが求めるようになったからだが、結果的に本書『My Freedamn! 8』も今までになく“明るい雰囲気”に仕上がり、ロック世代を主軸とするマイフリーダムの読者にはより親しみを感じる内容と言える。


■タイトル

MY FREEDAMN! 8 (マイフリーダム 8)


■価格

¥8,500(税別)


■商品番号

No.9499-5

■サイズ詳細

SIZE 本体
36
27
3

※単位はcm(センチメートル)
※表記サイズは仕上寸法になり、製品によっては多少の誤差はございます。

  • デザイン
  • スペック
  • サイズ

CONTENTS

KADOYA MAGAZINE

    PHOTO LOG