KADOYA MAGAZINE – Vol.50

老舗レザーメーカー「カドヤ」のアイテムを使って、オートバイ雑誌「Moto NAVI」編集部が最新のトレンドを発信する本誌連動企画。

 

今回は、KADOYAのライダースファッションの根本とも言える「レザージャケット」。

 

オトコらしいハードなスタイリングもいいけれど、カタヒジ張らずに日常使いのアウターとして革ジャンは身につけられるモノ。そんな気軽に着回しができる着まわし術を大公開!

 

モデル JEFF(ナンバーエイト)
写真 逢坂 聡 文  Moto NAVI

 


 

 

 

ストリートファッション全盛期の今だからこそ、ライダーらしい、シンプルなレザーウェアを身につけて、個性を主張したい。

 

スリムなシルエットながら、ジャケットにはシャーリングやストレッチの効いたパンツなら、動きやすくツーリングも快適に楽しめる。

 

 

 

もちろん、街を歩く際もカジュアルながら、ワンランク上の印象を演出。ジャケットを脱いでもニットを合わせれば、大人の雰囲気を崩さない。

 

動きのあるモトクロスアイテムを組み合わせた遊び心あるライディングコーディネートとなる。

 

 

 

セミダブルタイプの「REP」は、シャープなデザインながら、可動部分を中心にシャーリングなどを設けることで高い運動性能を実現したジャケット。せっかくなので、そのシルエットを生かしたジャストサイズを選択したい。

 

ここ数年でインナーウェアの性能は、薄手ながら保温力の高いアイテムが数多く市場に登場しているので、できるだけ内側をシンプルに仕上げるのがポイント。

 

 

 

パンツにはレザーとの相性バツグンのデニムをチョイス。ただ、普通の5ポケットではなく、オールドモトクロスからインスパイアを受けた「CORSA DENIM VMX MOTO」を今回は合わせることで、無骨さよりもよりスポーツ感を強調。

 

ブーツもスニーカーも合わせやすいラフなスタイリングの出来上がり。より、カジュアルさを求めるのであれば、ミリタリーパンツなどの太めのパンツを合わせてAラインに仕上げるのも面白いコーディネートだ。

REP / セミダブルハイネックライダースジャケット

重厚なオイルドレザーを使った、シンプルなダブルのライダースジャケット。

ショルダー部分から後ろ脇にかけて、シャーリングが配されており、様々な乗車ポジションのバイクでも、車種を選ばずに高い運動性能を発揮する。

RIDES POCKET KNIT / 吸水速乾性の良いニット

吸水速乾性の良いアクリル混紡糸を使用した、軽やかな着心地のロングスリーブのニット。ゆとりあるクルーネックに胸にはパッチポケットを配置。

カフェなどのアウターを脱ぐような場面でも、シンプルながらしっかりと存在感をアピールする1着だ。

ボトムスとブーツ

CORSA DENIM VMX MOTO
ビンテージモトクロスパンツからインスパイアを受けたデニムパンツは、動きやすい13オンスのストレッチ生地を採用。膝内側には薄型のマイクロエードのニーグリップパッドを採用。エンジンからの熱を防ぐ。

RAPTOR BOOTS
サイドにファスナーを持ち、着脱しやすいセミロング丈のブーツは、ビンテージモトクロスからオマージュされたもの。シャフト前部の特徴的なタックロールは、低反発スポンジを挿入し、ルックスだけではなく履き心地もバツグン。

HF/SADDLE TRUNK / ツーリングに最適なバッグ

車載可能なレザーバッグは、アウトドアブランドのドッペルギャンガーとのコラボレーションアイテム。防水、撥水効果が高いスコッチガード加工の牛革を採用。ハードな使い方でも耐久性は高い。持ち運び時は手持ちや肩に掛けて使用する。
  • ツイッターシェアボタン
  • フェイスブックシェアボタン
  • ラインシェアボタン