KADOYA MAGAZINE – Vol.45

老舗レザーメーカー「カドヤ」のアイテムを使って、オートバイ雑誌「Moto NAVI」編集部が最新のトレンドを発信する本誌連動企画。

 

今回注目したのは、ファッションの基本となる足元。安全性と快適性を兼ね備えたカドヤのキックスをキーアイテムに据えて、コーディネートの幅を大きく広げるスタイリングをご紹介!

 


 

モデル 澤野健太郎(バークインスタイル )

写真 烏頭尾拓磨 文  Moto NAVI

 

 

 

安全面と快適さを併せ持つパンチングレザーは、これからのシーズンに活躍間違いなしのアイテム。暑い季節でもビシッとライダーススタイルを決めるのもクールだけれど、快適でカジュアルに着こなすのであれば、合わせるパンツをしっかりと選びたいところ。

 

 

 

デニムやミリタリーパンツといった定番のアイテムでも良いいが、よりリラックスな雰囲気を演出するのであれば、ジョガーパンツが面白い。ゆったりとしたシルエットと生地感が生み出す柔らかい印象が、意外とレザーとの相性がいいのだ。

 

ポイントなのは裾がテーパードになっている、もしくはリブがついている物を選びたい。しっかりと足元が見えるコーディネートにブーツを組み合わせて、子供っぽくなりすぎない大人の休日スタイルを目指そう。

 

 

 

シンプルなコーディネートだからこそ、足元もシンプルにまとめる。ワインカラーは、ライディングスタイルだけではなく、日常でも使いやすいカジュアルな1足だ。シンプルな佇まいのコーデだからこそ、足元からしっかりと主張をしていきたいところ。

 

くるぶしまで裾を降ろしてもよし。リブを使ってブーツの上にボリュームを持たせるもよし。色を差し込むことで肩の力が抜けていくのだ。エレファンタスひとつあれば、バイクのスタイルを選ばずに、様々な組み合わせを見つけることができるだろう。

 

 

 

ブラックコーデでは、外しのアイテムだったファビコンは、このスタイルでは主役になる。ジッパーを取り付けるシューレースをタッセル状にまとめることで、アクセントをプラス。ブラックのソールが脱力感のあるスタイリングを足元から引き締めている。

 

全身がシンプルなコーデだからこそ、個性あるアイテムを力強く主張したいところ。少しハードなウォレットチェーンやシルバーのアクセサリーとも相性はいい。ビンテージライクなオフヘルメットを身につけて、アドベンチャーバイクで都会の街を流す。そんなミスマッチを楽しみたい。

SW-BANSHEE

走行時の快適さと安全性を兼ね備えたパンチングレザーは、春夏ライディングにおいて必需品と言えるだろう。パデッドデザインのダブルのライダースは、合わせるパンツを選ばず着回しやすい。パンチング加工された脊髄パッドを標準装備する。

MR-JOGGER

撥水力性能が高く、ストレッチの効いたファブリックを使用したジョガースタイル。ゆったりとしたシルエットは動きやすく履き心地も軽やか。強度がありながら通気性も良いので、夏場に大活躍違いなしだ。

favicon

ファイヤーマン風のジップが使い勝手の良いファビコン。タッセル状にまとめられたシューレースも特徴のひとつ。かかとには、スポンジを挿入したスウェードを貼り付けており、ライディング時の擦れを軽減している。

Ash - elefantas

そのシンプルなデザインが、ジャンルを問わず様々なライダーから人気のエレファンタスに、ワインレッドが仲間入り。ボディーカラーに合わせて、スポンジソールにカスタマイズ。ライディング時以外での使える幅が大きく広がった。
  • ツイッターシェアボタン
  • フェイスブックシェアボタン
  • ラインシェアボタン