革引手~通し方講座~

M.AKASAKI

大阪店スタッフ

2022.11.10

革ジャンを着るにはベストなシーズンになりましたね。

そんな中、いざ着ようと思ったらZIPについていた革引手が無い、、

もしくは緩んで抜けてしまった、、という方も少なくないのではないでしょうか。

これからの時期は特に、厚手のグローブになるので革引手が無いと

ファスナーの上げ下げがしにくかったりします。


そこで今回は、革引手の通し方を3つご紹介いたします。

①スタンダード【ほどけにくさ★★★☆☆】

一番スタンダードな通し方です。使うのは中心に切り込みが入ったタイプ。

革の裏地が表向きになるように、ZIPの引手に通します。

後ろ側の先端を裏から切り込みに通します。強く引っ張って革の長さを揃えたら完成です。

 

②二重通し【ほどけにくさ★★★★★】

見た目も少しおしゃれでほどけにくい二重通しです。

使う革引手のタイプは①と同じですが、中心の切り込みが少し長くなります。

①の手順までは同じで、更にもう一度後ろ側の先端を裏から切り込みに通します。


 

③シンプル【ほどけにくさ★★★★★】

ネクタイの様な見た目ですが、とってもシンプルで簡単です。

使うのは切り込みが入っていないタイプ。

革の先端の向きをそろえて、裏から通します。

通しきらずに写真のように輪っかを作り、上から通したら完成です。




革引手はオンライン等での販売はしておりませんので、必要な方はカドヤ直営店にお問い合せくださいませ。