私の一台。

KITA NORIO

名古屋店スタッフ

2022.02.06

鹿革が好きで、何となくタイトルに惹かれ

その映画を観に行こうと、ふと思い立った休日。

近所の古戦場跡を通り。

 

ショッピングモールの駐車場へ。

 

映画は良かった。

もの思いにふける為、屋上に出る。  

そして何か発見し、

 

よし、行ってみよう。

 

近所を走るだけなのに、ただ、ただ心地よい。

 

なんだ、屋上から見えたのは、観覧車でした。

それでも何故か、人知れず達成感に浸る。

 

 

私の相棒は、スーパーカブC125。

・空冷4ストOHC単気筒 ・124cc ・ 9.7PS/7500pm ・110kg

・オリジナルカスタム GIVIパニアケース、タンデムシート装備のみ。

キーレスエントリーやフロントディスクブレーキ、チューブレスタイヤを装備し、

細部まで拘ったディテールを持ちます。

開発陣の合い言葉は「神は細部に宿る」だったそうです。

私の日常、通勤や何気ない休日も、バイクに乗ることの楽しさを教えてくれる、

そんな一台です。

バイクっていいもんですね。