数十年先まで

M.AKASAKI

大阪店スタッフ

2021.12.13

レザーのメンテナンスってどうすればいい?

とよくあるご質問。

せっかく買ったお気に入りのレザージャケットやパンツ、

10年先も20年先も、良い状態でかっこよく着たいですよね。

 

そこで、今回は簡単にメンテナンス方法をご紹介します。

まず、レザーについた塵や埃などをブラシで落とす。

もしくは、柔らかい布で乾拭き。

以上!!

え?これだけ?と思うかもしれませんが、基本はこれだけなんです。

レザーオイルやレザーミルクは、頻繁に塗り込んでしまうと、

ベタついてしまい逆によくありません。

 

オイルやミルクを使うタイミングとしては、半年から一年ほど着ていただき、

革が少しパサついてきたり、ツヤが無くなってきたなと感じた時です。

レザークロスに少量をたらし、うすーく全体に伸ばすイメージ。

こちらの写真はカドヤオリジナルのレザーミルクを使用した際のビフォーアフター。

多少の光加減はありますが、、艶の違いがわかりますでしょうか?

その後はクロスの違う面で乾拭き、ムートングローブなどで磨いて艶出し。

 

着ない時は、しまいこまずに直射日光の当たらない風通しの良い場所で

ハンガーに吊るして保管してください。

今年の着納ついでに、是非メンテナンスをしてあげてください!

 

メンテナンス方法の詳細、メンテナンス用品やクリーニングなど、

詳しくはスタッフまで♪