【脱ぎ履きしやすいエンジニアブーツ】KA-G.I.J

SASAKI ATSUSHI

仙台店スタッフ

2021.09.29

『エンジニアブーツは見た目がカッコいいけど、脱ぎ履きがしづらくて、、、』

『仲間とツーリングしたときに、自分だけブーツがなかなか脱げなくて困った。』

『試着してみたら踵がひっかかって全然入らなかった!』

という声を店頭でもよくいただきます。

『見た目は好きだけど、いざ試着してみたら、なかなか履けなくてエンジニアブーツをあきらめた!』
なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実はこの記事を書いている私も、一度はエンジニアブーツをあきらめたので、気持ちが痛いほどわかります。

しかし、そういった方にこそ、脱ぎ履きしやすいKADOYAのエンジニアブーツ【KA-G.I.J】オススメです!

 

 

■足首部分のゆったりカーブがポイント

KA-G.I.J足首カーブ

エンジニアブーツが脱ぎ履きしづらい方は、日本人に多く見られる《甲高で幅広の足形》であることが多く
細身のエンジニアブーツでは、足首部分で引っかかってしまう事が多々あります。

ですが、【KA-G.I.J】は足首のカーブが緩やかな為、甲高の方も”スポッ”と履けてしまいます!!

 

 

■もちろん脱ぐときもスムーズ

足首部分のゆったりカーブは、脱ぐときにもありがたいポイントです!

引っ掛かりが少なくスムーズに脱げるので、ツーリング時に自分だけブーツが脱げなくて変な空気に、、、
なることもありませんww

 

 

■履いた時のフィット感も抜群

『でも、簡単に履けるってことは簡単に脱げちゃうってことなんじゃないの?』

ということも頭もよぎりますが、甲周りはしっかりフィットしているので、簡単に脱げたりはしません!

これは実際に【KA-G.I.J】8年ほど愛用しているスタッフの声なので、信頼してもらえるかと思います!

 

 

■シフト操作がしやすい【KA-G.I.J-SS】もオススメ

KA-G.I.J-SS

【KA-G.I.J】の特徴的なソール【「Vibram 社」ブロックパターン#1100番】は
ゴツい見た目で人気もありますが、その分シフト操作は少しだけ慣れも必要になります。

シフト操作が不安な方には「U.S Vibram 社」Mini Lugソール#430番を使用した【KA-G.I.J-SS】もオススメなので、こちらも検討してみてください!

 

 

■脱ぎ履きがしやすいエンジニアブーツなら【KA-G.I.J】がオススメ

脱ぎ履きがしづらくて、これまでエンジニアブーツを敬遠されていた方にもオススメの【KA-G.I.J】!!

脱ぎ履きしやすいエンジニアブーツをお探しの方は、一度弊社直営店にてお試しください!!

KA-G.I.J④

 

※生産数が少ないため、ご希望サイズが欠品している場合もございます。
ご試着希望の方は、ご来店前に在庫の確認をオススメいたします。