RIDEN ARM COVERのサイズ選び。

MORI KENSUKE

KADOYA 仙台店スタッフ

2020.05.11

夏用の高機能インナーシリーズ、【RIDEN】入荷しました。

KADOYAの定番、夏用ジャケットたち。

5月ですが暑い日も多く、すでにサイズ欠品のモデルが出て参りました…。

そんな夏用ジャケットと組み合わせると真夏は最強なのが、

夏用の高機能インナーですね!

KADOYAでも毎年展開していますが、今年はRIDENシリーズとして装いを新たに展開しました。

トップス、ボトムス、ネックカバー、アームカバー、

全て入荷しました!

が…この中で最もサイズ選びで悩みそうなのが、

アームカバーではないでしょうか?

KADOYA RIDEN アームカバー①

今年のアームカバーはRIDEN ARM COVERとして1つに集約。

今までSUMMER SHIELDとして人気を博していた夏用アームカバー。

今回は素材感等をブラッシュアップし、バリエーションも一つに集約。

ブラックボディに赤いロゴとレーザーホールが際立つ「RIDEN」シリーズとなりました。宜しくお願いします。

KADOYA RIDEN アームカバー ロゴ

KADOYA RIDEN アームカバー レーザーホール

派手過ぎず、しかしコーディネートにアクセントが効く一品になっております!

RIDEN ARM COVERのサイズ選び

こんなご時世ですので、

「KADOYA直営店に足を運びたいけど会社から遠出するなと言われてなかなか行けない…」

なんて理由で、不本意ながらネットでポチりたい…という方もいらっしゃるでしょう!

そんな方の為に、最もサイズ感がよくわからんアームカバーのサイズ選びをざっくり説明してみます。

SUMMER SHIELDの時代から店頭でもよく案内しておりましたが、一番大事なのが、

上腕周り(力こぶの部分)のサイズ感です!

ここが緩いと絶望的に下がってきて使いづらいのです。

基本的にピッタリ目のサイズがオススメなのですが、

  • Sサイズ=上腕周り25㎝前後
  • Mサイズ=上腕周り30㎝前後
  • Lサイズ=上腕周り35㎝前後
  • LLサイズ=上腕周り40㎝前後

という感じでサイズ感を見て頂き、

2つのサイズ間で悩んだら小さい方のサイズを選んでいただく方が良いかと思います!

手が長くて細い方は、一つ上のサイズも要検討

上記に当てはまらないパターンとして、

手が長くて細い方が日焼け回避の為に買う場合は、

二つのサイズで悩んだら、上のサイズの方が良いかもです。

上記の腕回り数値と照らし合わせて頂いて、

若干上腕が緩くなりそうかな?程度のサイズ間であれば、

KADOYA RIDEN アームカバー 滑り止め

今回のRIDEN ARM COVERは上腕周りの縁に滑り止めのラバーが救済措置として付いているので、

SUMMER SHIELDよりは留まってくれるかと思います。

RIDEN ARM COVERの装着方法

基本的に上腕はTシャツの袖と被る程度まで上げて下さい。
(中途半端に空くと、半袖で走る人はそこだけボーダー状に日焼けしますので要注意!)

また、本体縫い目が肘裏を通るように付けてあげてください!

KADOYA RIDEN アームカバー 肘裏

レーザーホール(穴)が肘裏にくるのがベストです!ムレ防止!

KADOYA RIDEN アームカバー

袖にKADOYA/RIDENの赤いロゴが入り、良いアクセントになってくれます!
(雑に上げるとロゴが歪んでカッコ悪いので要注意です。)

RIDENシリーズは真夏が来る前に準備を!

特にアームカバーは、

腕が日焼けで真っ赤になってから購入にくる方が毎年恒例行事のようにいらっしゃいます!(笑)

この記事を読んで頂いたお客様におかれましては、腕が真っ赤になる前に、

準備万端で夏を迎えられることを願っております。