フォトログ詳細 | KADOYA ONLINE

maintenance

市島

KADOYA 本社工場スタッフ

2019.11.29

以前、オーダーで作らせて頂いたSPEED-TWINベースのスペシャルジャケットが、一時メンテナンスのため工場に戻ってきました。

 

 

厚さ1.8mmのステアハイドで製作された硬派な1着です。

程よくアタリがついていて、出荷時よりも数段迫力を増しています。

 

 

薄い革ではこうはならない大ジワ、ところどころ色が剥げて表情が豊かになり、革ジャンならではの変化ですね。

ニッケルメッキでギリギラと輝いていた金属パーツは、くすんで落ち着いた風合いになり、すっかりジャケットに溶け込んでいます。

 

 

飾りになる事が少なくないライダースの胸ポケット、ファスナー開閉から生じるこの経年変化をみると活躍のほどがうかがえます。

 

 

自社製品のアフターケアに力を入れている本社工場には、出荷後、荒波に揉まれて男前に育った革ジャンが修理やメンテナンスの為に戻ってきます。

 

 

多様に変化を遂げたジャケットから学ばせて頂く事は沢山ありますし、格好良く育てあげられたジャケットを拝見すると、いつも気分が上がります。

Kさま、撮影のご協力に感謝します、これからも安全運転で!