フォトログ詳細 | KADOYA ONLINE

Viva Custom!!

中村

KADOYA 本社工場スタッフ

2019.09.20

 

こちらは直営店限定モデル KCR

 

また、レザーが何とも革ジャン屋らしい カドヤのスタッフジャケットでもあります。

 

背中に施された革文字 KADOYA JAPAN の下に「CREW」の文字が入った特別仕様。

 

 

さて このジャケットをハンガーにかけて上から吊るす、ロッカーに入れる、椅子の背もたれにかけるなど、人によって保管方法は様々ですが私の場合は自分の机の横にぶら下げています。

 

そのジャケットを目にしたスタッフからよく言われる言葉が

「もう何かヤったの?」「袖はまだアルんですか?」などなど・・・

 

そうなんです。昔から必ずと言っていいほどカスタムを施す習性が自分にはありまして・・・

 

何故でしょうか?? 遡れば小学校のランドセルから始まり自転車、学生服、オートバイ、衣服、その他諸々・・・

 

「何でそんな事するの?」と聞かれることが多いですが

そもそもカスタムとは既製品を自分の目的に応じて改造や仕様の変更をする行為。

これだけで十分な返答だとは思いますが

それ以上のものがあり、やらずにいられないというか、ついやってしまう衝動のようなものでしょうか・・・

 

なので「よし、やるか!」と考えていたところ

 

KCRをご購入と同時にカスタムを施す修理依頼をされるお客様が出現したり、工場スタッフの中には既にバラし始めている人も・・・

 

先を越された感アリです・・・

工場は繁忙期の真っ只中ですが 空き時間を見つけて少しづつ進めるとします。