梅雨

牛坂

KADOYA 本社工場スタッフ

2019.06.28

雨の日が多くなってきましたね。

梅雨のない北海道を除く日本列島は、すっかり梅雨です。


関東では、紫陽花の映えるこの季節、革製品にとってはツライ時期です。

革は水に弱いので、雨に降られて濡れたまま放置すると型くずれ、シミの原因になったり、カビが生えてしまうことも…

濡れてしまった場合は、乾いた布等で水分を優しく拭き取ります。
そして風通しの良い所で日陰干しをします。
中に紙等を丸めて入れておくと型くずれを防げます。

やってはならないのが、ドライヤーや天日干し等、高温で乾燥でさせる事です。これをすると革が堅くなって戻らなくなる事があるので絶対しないで下さい。

弊社でもクリーニング事業「リフレザー
を行っておりますので、

そろそろかな? という方は是非今時期にご利用下さい。

革製品は湿気が苦手です。保管方法は風通しの良い日陰が基本ですが、
収納しなくてはならない環境の場合には、「不織布」に包んだり、

隣とのスペースを空けておくことをお薦めします。

また、革同士が密着したまま長時間置いておくと、革の表面同士がくっついてしまうトラブルが発生する事があります。

革の状態も分かりますので、たまに全体をチェックして新鮮な空気に触れさせましょう。

冬物はしばらく休息ですね。

革製品に愛情をもって接し、
経年変化を楽しみたいものです。