フォトログ詳細 | KADOYA ONLINE

Good size

中村

KADOYA 本社工場スタッフ

2019.02.08

 

一言でバッグと言っても 大きさや素材、形など種類は多種多様。

旅行や目的によって荷物が明確な時はバッグのサイズは自然と決まるはず。

それ以外の時。日常で使うバッグのサイズって案外悩みます・・・

 

そもそも 荷物を持つのが苦手な私は以前は手ぶら主義を通していたのですが

持ち物がつい増えてしまう傾向があり ポケットがパンパンに膨らんでしまうのは

あまりよろしくないな・・・夏はポケットの数が激減しますし・・・

という事で小ぶりなウエストバッグを使い始めると なかなかイイ塩梅。

 

ところが 持ち歩く物が徐々に増え始めウエストバッグはパンパン・・・

なので次はもう少し大きめのウエストバッグに変更。

 

 

その後はショルダーバッグに移行するものの 容量が増えた分 重量は相当なものに・・・

斜めがけをしていると その重さが片方の肩に負担が掛かる事に抵抗を感じ始め

ここ数年はリュックに落ち着いております。

 

「いつも背負っているそのリュックの中には何が入ってるの?」と偶に聞かれます。

正直なところ 今は昔ほど無駄に物を持ち歩く事もなく たいした物は入っておらず

ほぼスカスカです。

 

ですが 両手がいつもフリーでないと落ち着かない私にとって 買い物や

急遽 荷物が発生した時には とても頼もしい存在であり欠かせないアイテム。

 

バッグを持つことすら苦手だった自分が 小さなウエストバッグに始まり 今ではリュックか!?

わからないものです・・・ちなみに最小限の物を小さなバッグで持ち歩く人を見ると

少し憧れます。「何だかスマートだなぁ・・・」

 

結局のところ 衣食住も含め 人それぞれに合った良いサイズがあるのだと思います。