RIDE ON BIKE MAGAZINE Vol.4
「ストリートレーシング」現代に生きる継承する伝統。

ENTHUSIASTIC RIDERS MAGAZINE「Mr. Bike BG」インプレコラボ企画

 

時の流れを超え駆け抜けてくバイクと革ジャン、その映し出す世界。

 

革ジャンを着て様々なバイクに乗る時

その走る姿はどう見えているか

その革ジャンはどうフィットしているか

ライディングポジションの収まりでわかる

KADOYAライダースジャケットの真髄。

BGカメラマン撮り下ろしで魅せる “Man Machine Leather”。 

 

 

< RIDE ON BIKE / SR-ORIGIN  GPZ1100 >

 

 

かつての人気モデルSR-JAC、時を経て進化を遂げリニューアルモデルとして復活したものが「SR-ORIGIN」。デザインは踏襲しつつも、時代の変化と共にパターンを全面変更し、サイズやシルエット、運動性等に大幅な見直しをかけた新規設計となって再び人気を博している。

 

 

革にはしっかりとした厚みがありつつも、人体工学とバイクの乗車を押さえたヘッドファクトリーパターンの採用により動きやすく、前傾のポジションにも問題なく対応する。

 

 

特徴的な肩から袖先まで配置されたパッドは、プロテクターとして防護性を高めるとともに、デザインアクセントとしてこのジャケットの個性を高めている。

 

 

ウエスト周りはスポンジパッドを内蔵し、ボリューム感を出しデザイン的な統一感を持たせている。同時に腰部はキドニーウォーマーとしてもサポート。

 

 

背中には2層発泡ウレタンの脊椎パッド(標準装備)が装着可能。自然に袖が振り出され、胴周りから腰まで綺麗に包み込むシルエットは、空力抵抗も少なく高速走行での負担も少ない。

 

 

 

 

< RIDE ON BIKE / SR-ORIGIN  Z1 >

 

 

襟はレーシングタイプのスタンドカラー、首へのアタリを優しくするスポンジ入り。左右の胸と脇に両玉縁のZipポケットを装備、スライダーはクラシカルなボールチェーンタイプを採用。

 

 

 

アップハンドルのZ1ポジションにも自然体でマッチする。絶版車との相性の良さは、やはり革ジャンならではのもの。

 

 

やや大仰に見えるパッドの造作も、ライディングポジションではピタリと腕のラインに収まっている。袖の付け根背中側に装備したアクションプリーツが、腕の振り出しに運動性を発揮。

 

 

 

 

 

■Mr.Bike BG 2020 2月号

バイクについての詳しい記事はこちらをどうぞ

「狙い時」 噂を信じちゃいけないよ欲しがる心はウブなのさ

空冷最強のカワサキを乗りこなせるのか!?

1983  KAWASAKI  GPz1100 Custom

この高揚感は何だろう

https://www.motormagazine.co.jp/_ct/17487808

 

[ 協力:敬称略、順不同 ]

撮影:小林ヨシオ

文/ライダー:鈴木広一郎

車両:山根光宏

 

 

 

 

 

■Mr.Bike BG 2021 11月号

バイクについての詳しい記事はこちらをどうぞ

「時代を創った Z1&GPZ900R」 多田憲正さんに捧ぐ

1970年代の頂点 KAWASAKI Z1/Z2

1980年代の革新 KAWASAKI GPZ900R

日本式新しいスタンダード。 その姿は意匠の極みだった

https://www.motormagazine.co.jp/_ct/17487808

 

[ 協力:敬称略、順不同 ]

撮影:鈴木広一郎

文/ライダー:濱矢文夫

車両:石丸直基、和泉智久/モリヤマエンジニアリング

 

 

ディティール.1

丁寧に作り込まれた造作

肩から袖先に配置されるパッド:縦と横の並びで内装パッド材のスライス角度を変え、造形・動き・縫製のまとまりを考慮している。

背中のアクションプリーツ:脇下前身頃側まで回り込んで、前方・上方へ袖の動きをアシストする。

ディティール.2

ボトムデザインのこだわり

裾まわりの切り替えは内臓スポンジでボリュームで作り、デザイン面で全体にまとまりを持たせている。

また機能面でも、前側(山3段)は、前傾ポジションで屈曲し股関節のアタリや首への突き上げを和らげる。
さらに後側(山5段)は、背中の走行写真でも分かるように上下幅を拡げ、パッドとしてキドニーウォーマーとして保護機能を兼ねる。

ITEM INFORMATION

K'S LEATHER & K'S PRODUCT
(ケーズレザーアンドケーズプロダクト)
MEN
SR-ORIGIN
¥ 82,500(本体:¥ 75,000)
3L価格:¥ 85,800(本体価格:¥ 78,000)
  • ツイッターシェアボタン
  • フェイスブックシェアボタン
  • ラインシェアボタン