KADOYA MAGAZINE Vol.35
街中へのクルージングに必須な新定番ライダース

シーンを問わずに合わせることができる洗練されたライダースのクールな着こなしかたに注目


Photographer:Haruki Matsui
Stylist:Hiroki Matsui
Model:Koki Matsui
Edit:Atsutaro Ito

 

 

バイカー向けのライダースやレザージャケットは本格仕様であるがゆえにデザインに制限が生まれ、普段のファッションとMIXさせるのが難しかったりもする。つまり、どうしてもバイク乗りのイメージが強くなりがちで、シーンによっては居心地が悪く感じられるかもしれない。

 

 

 

しかし、今回ご紹介するVOLGINはそういった悩みを解消する洗練されたレザーダウンジャケットであり、過酷なウインターライディングに耐えうる機能性はもちろんのこと(老舗の革ジャンメーカーKADOYAだからこそ!!)、ショッピングや映画鑑賞などにも気軽に立ち寄れるスタイリッシュさが最大の武器である。

 

なので、他に合わせるアイテムをオールブラックで統一しても重すぎる印象を与えず、むしろスーツのジャケットのような感覚で、引き締まったクールなストリートスタイルを体現してくれることだろう。

 

 

 

そして、インナーはあえてベースボールシャツをチョイス。ドレスシャツやボタンダウンもハマりはするが、こなれ感やラフさを演出するにはトレンドのスポーツ要素を取り入れてみてはいかがだろうか。

 

応援している野球チームだったり個人的に好きな場所、フッド(地元)にまつわるユニフォームであればなおよしだ。なぜならそこから会話が生まれることもあり、思いがけない出会いが待っているかもしれないからである。

 

 

 

また、VOLGINとともにKADOYAのハイクオリティなアイテムをストリートライクにスタイリングする方法をご紹介。まずはダイヤモンドキルティングのディテールがポイントのグローブ GAUNTLET PADDEDについて。アウターと同じブラックのアイテムでもキルティングがメリハリを持たせ、手首のベルトがさりげなく主張するため、普段グローブをしない人でもスタイリングのアクセントとしてつけやすいアイテムである。

 

さらに、足元にはシンプルなショートブーツ elefantasをピックアップ。こちらは逆に主張させず、サラッと履きこなしたいアイテムで、レザーだからこその経年変化も楽しんでみてほしい。ツーリングから普段使いまでシーンを問わず合わせることができる新感覚のショートブーツはVOLGINと相性が◎。

 

 

 

スケートボードや自転車などで街中をクルージングする時間は、まさにストリートの遊びの真骨頂とも言える瞬間であり、普段気づけないことや自分の気持ちを整理するのにちょうどいい。そして、それはバイクのツーリングにおいても同じことが言えるはずだ。

 

しかし、バイクへの思い入れが強ければ強いほど、どうしても気合が入りすぎな格好になってしまいがちだが、気軽に街中に出かけてバイクを止めたりして散歩してみる時にはラフなスタイルでありたい。そんな時にKADOYAのアイテムは、機能性とデザインが両立する一石二鳥なものが数多くラインナップされているため、自然と合わせることができることだろう。

ITEM INFORMATION

K'S LEATHER
(ケーズレザー)
NEWMEN
VOLGIN
¥ 72,600(本体:¥ 66,000)
3L~:¥ 75,900(本体価格:¥ 69,000)
  • ツイッターシェアボタン
  • フェイスブックシェアボタン
  • ラインシェアボタン