KADOYA MAGAZINE - Vol.44
第十九回「メカニックグローブ MULTIPLE GLOVE」

ナンディ小菅のカドヤレザー実践レポート


 

取材協力:ナンディ小菅

写真:MOTOMOTO

 

編集:カドヤ編集部

第十九回「MULTIPLE GLOVE」

 

ナンディさんはバイクの免許を取得した16歳からずっとカドヤのグローブを使い続け、カドヤグローブ歴は35年目に突入。最初に買ったのは正月のワゴンセールのニューコンセプターでした。家に帰ってよく見てみたら片方のサイズが違っていたけど、片側が小さいまま強引に使ってました。

 

ワゴン投げ売りスーパーセールだったこともありワゴン内で左右がバラけてしまったのかと思いますが、サイズ違いとなったもう一つのセットはどなたかが購入されたのだろうか。ニューコンセプターグローブでそのような体験をされた方がいらっしゃれば、是非ご一報ください。

 

 

 

さて、今回使ってみたのはサマーグローブの『MULTIPLE GLOVE』。まるでメカニックグローブのような素材とフィット感があって、チョイノリからスリーシーズンを通しての着用も可能。気軽に出かけたい時には最良だし、お値段も手頃です。

 

 

 

装着時にはプルタブのような部分が付いているので、そこを引くことで裾の部分が伸びてしまうことない。装着もスルッとイクのでゴツイグローブをハメる時のような煩わしさがありません。なお、掌部分や指には牛革となっているために強度もそれなりにあります。

 

 

 

手の甲側はポリエステルメッシュというコンビ仕様なところがお洒落上級者に相応しい! 第二関節部分にはリブが付いているので握ったり開いたりするときも軽い動作が可能です。

 

 

 

スマホの操作も可能。急な電話への対応も出来るし、ツイ廃の方にも最適。スマホ対応の他のグローブも使ったことがありますが、反応が悪いと結局イラっとしますよね。でもこのMULTIPLE GLOVEの場合は反応がすこぶる良いのが好印象でした。

 

 

 

スマホの反応が非常に良いのが逆に気になったので、試しに裏返してみることに。何か謎が隠されているかもしれないし、手がかりだけでも探せるかもしれないからね。

 

 

 

なんてことのない布があるだけなのですが、きっとこれが指から発せられる微弱電気を通しやすい素材なのだろう。ちなみに内側に縫い目が付いているグローブは外側に縫い目があるより物より耐久性に優れます。逆に外側に縫い目があるものは装着時の指へのフィット感が良くなります。どちらにもそれぞれ利点がある。

 

 

 

お色はブラックの他に、レッドとグレーがあります。ウエアに合わせて数色持っていればその日のウエアに合わせられるため、ナンディさんは黒とグレーの2色を使いこなしています。ちなみに親指の部分がちょっとタオルっぽい素材になっているのがお分かりいただけますかね?

 

 

 

実は親指のタオルっぽい素材のところを使えば、雨の日にはシールドを拭くことも出来るというライフハック! これはカドヤのHPにも掲載されていないから、カドヤレザー実践レポート読者だけが知りえる『マル特情報』でしょう!

 

 

 

バイク乗りなら暑い夏でもグローブするのは当たり前。メンドクサイって人もいるだろうけど、こんなに小粋で使い勝手も良いグローブなら普段使いに最適です。ちょっと寒い時に電車で移動の時でもMULTIPLE GLOVEならマッチするレベルでしょ。普段着にも合わせられる一度使ったら、もう貴方は手放せません!

ITEM INFORMATION

K'S LEATHER
(ケーズレザー)
NEWMEN
MULTIPLE GLOVE
¥ 6,160
(本体:¥ 5,600)
  • ツイッターシェアボタン
  • フェイスブックシェアボタン
  • ラインシェアボタン