KADOYA MAGAZINE-Vol.25
着た!見た!使った!『第十一回』

ナンディ小菅のカドヤレザー実践レポート


 

取材協力:ナンディ小菅

 

編集:カドヤ編集部

第十一回「 アストロパーカー」

 

カドヤさんの春の新作の一つがこちらの『アストロパーカー』。オールシーズンで着られることからも、これは1着持っていると非常に使い勝手が宜しいのです。

 

今回はこのパーカーを着て見てチェックしましたよ~!

 

 

 

完全防水ではないのですが高い透湿防水性が超嬉しい!! ちょっとぐらいの雨ならカッパいらずで、そのまま走り続けられるのがと~ってもGOOD! 

 

カッパを着るか迷う天候などの時もアストロパーカーならそのままノーストップで突き進むことが可能だ!!

 

 

 

サニトラが雨漏りしてくる程度のリアル雨の中でチェックしましたが、中のTシャツは濡れることはありませんでした。

 

インナー的な裏地が付いているために、雨や汗でベト付くこともなく快適に過ごせますよ。

 

 

 

防水性の高さはフロント、胸、背面の各ファスナーは止水ファスナーを採用しているためというのもあるでしょう。

 

それによって走行時に雨水が入り難くなっているのです。これならバイクに乗る時だけではなく、登山などでも活躍することでしょう!。

 

 

 

パーカー部分は肩の後ろに設置されている2つのホックで止められるようになっている。

 

止めておくことでバイクに乗っているときには風圧で膨らんでしまったり、バタ付いてしまうこともありません。

 

 

 

背中と肩、肘にはパッドが純正装備されているのは嬉しい限り。ちなみにアストロパーカーは少し大きめに作られているので、腕がパンパンになることもありませんでした。

 

ナンディさんは剛腕なため、ウエアによっては肘パッドを付けていると二の腕が圧迫されてしまうこともあるのですがそれらも皆無!なお、各種パッドは着脱式なので取り外しての使用ももちろん可能です。

 

 

 

背中にはファスナーで開閉出来るベンチレーション付きですが、これはタンデムライドするのであれば、後ろに乗る人がちょっとしたものを入れておくのにも好都合でしょう。

 

 

 

そしてこれも大きなポイントになるのですが、フロントのファスナーを開ければ走行風を取り入れ出来て、脇の下のファスナーを解放させると入ってくる風を外に逃がせる。

 

ちなみに黒い部分はストレッチナイロン素材なので動きが大変スムーズ! 着心地も軽くて動きやすいため、バイクから降りた時にも肩が張ったりこったりすることは無い。

 

 

 

お色はナンディさんが着ているブラック×ネイビーの他、ブラックとブラック×ネイビーがあります。バイク用としての機能は備わっているものの、普通に街着としても着用できることでしょう!

 

 

 

機能の解説など、動画の方が分かりやすいかなと思ったので、Youtubeに上げてみました。是非こちらでもご確認下さい!

ITEM INFORMATION

K'S LEATHER & K'S PRODUCT
(ケーズレザーアンドケーズプロダクト)
NEWMEN
¥ 30,800
(本体:¥ 28,000)
  • ツイッターシェアボタン
  • フェイスブックシェアボタン
  • ラインシェアボタン