コンテンツへスキップ

(素材)シープスキン

シープスキン

羊の革(シープスキン)の魅力は、なんといっても柔らかい手触りです。羊の皮は毛の成長を支えるためのものなので、他の革に比べると強度や耐摩耗性は低くなりますが、しっとりと柔らかく手に吸いつくように感じられます。

お手入れに最適なのは、「ラノリン」という油が入ったオイル。羊毛から取れる成分なので、羊革とのなじみがよく、保湿力・浸透力が優れています。

- 注意点 -

一般的なアパレルで用いられる羊革よりも厚手の1.0mm厚に仕上げられたいますが、同じ厚さの牛革・山羊革に比べて羊革の特性上強度が劣ります。摩擦や衝撃を与えると破損の恐れがありますので十分ご注意下さい。